ほくろじゃないよ!顔の小じわでした。

そばかすなんて気にしないわ、なんて言ってられたのは若かったからです。

 

若い子のそばかすは、点々も細かくて薄くてかわいらしいです。
でもわたしのそばかすは、そばかすなの?というくらいの存在感があります。

 

ほくろのようです。

 

子供にも、「いっぱいほくろあるねえ」と言われてしまいます。
いったいいつからこんなになってしまったのかわかりません。

 

色が白いのは白いらしいのですが、白いから目立つのでしょうか。
地肌がたとえばもう少し黒かったら、かえってそばかすが目立たなくてよかったかもしれません。

 

若いころ、海だ山だと遊びまわったことは後悔していませんが、
顔も体も、もっときちんと日焼け対策をしておけばよかったです。

 

わたしは車を運転するときなどにはメガネをかけますが、家でははずしてしまいます。

 

でもある日、メガネのまま家の洗面台の前で鏡を見たら、
「うん?」と二度見をしてしまう衝撃的なほどのそばかすやシミが、わたしの顔にできていました。

 

あれはびっくりしました。

 

メガネをのろいたくなりました。

 

 

いまさらですが、子供と外遊びに行くときはかかさず日焼け止めクリームを塗ってでかけます。
せめていまよりひどくならないように、もうお祈りの気持ちで日焼け止めクリームをすりこんでいます。